Home  ->  東京マラソン

東京マラソン

東京マラソン一覧

<東京マラソン>平均視聴率23.6%

<東京マラソン>平均視聴率23.6%
詳細はyahoo news
2月19日12時22分配信 毎日新聞

 フジテレビ系で18日に生中継された「東京マラソン2007」の平均視聴率は23.6%(関東地区、テレビリサーチ調べ)だった。瞬間最高視聴率は男子の佐藤智之選手が日本人最高の2位でゴールした直後の31.3%。

との報道がありました。

そこで、視聴率とはとwikipedia で調べてみました

視聴率(しちょうりつ)とはあるテレビ番組をその地区の住民の何パーセントが視聴したかを表す推定値である。視聴率には個人視聴率と世帯視聴率があるが、一般的に視聴率といえば世帯視聴率のことを指す。

視聴率を測定する理由は、民間放送会社が番組の制作費および放送におけるコストをスポンサーからの広告収入で賄う上で、テレビを所有する世帯のうち番組及び放送時間帯に視聴する人数を割り出し提示することで、スポンサーに対して広告料をもらう根拠とする必要があるためである。

日本における視聴率は記録に残るものでは、1954年にNHK放送文化研究所が年に2回、訪問面接法による調査を開始したのが最初で、1955年には電通が年に4回、日記式のアンケートによる調査を開始した(電通による視聴率調査は1963年1月が最終。以後の調査はビデオリサーチへ引き継がれる)。1958年には社団法人中央調査社が同じく日記式のアンケートによる調査を年に4回開始し、1959年には年12回(毎月)に拡大した。1961年4月、ニールセンが日本に進出し測定機械による視聴率調査を開始し、1962年12月からはビデオリサーチも調査を開始した。長らくこのニールセンとビデオリサーチの2社が日本国内における視聴率を測定していたが、2000年3月にニールセンが日本国内における視聴率調査から撤退し、現在は、ビデオリサーチの測定した結果のみが用いられることとなった。撤退の理由は個人視聴率導入に関して民放キー局と意見が対立したからだとされる。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070219-00000026-mai-soci

ジェンガが優勝、有森は5位

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070218-00000003-nks_fl-spo
ジェンガが優勝、有森は5位/マラソン
2月18日10時18分配信 日刊スポーツ


<東京マラソン>◇18日◇新宿都庁前-東京ビッグサイト(42・195キロ)
 男子はダニエル・ジェンガ(30=ヤクルト)が2時間9分45秒で優勝した。25キロ付近まで集団を形成していたが、1人抜け出した。2位は佐藤智之(26=旭化成)で2時間11分22秒、3位は入船敏(31=カネボウ)で2時間12分44秒だった。

残念有森は3位

これまでの東京でのマラソン大会は、東京国際マラソン(読売・産経が隔年ごとに主催)と東京シティロードレース(東京新聞主催)の2つがあったが、それらを一つにまとめて市民参加型のマラソンをしようと2007年2月18日に第1回大会が行われる。主催は日本陸上競技連盟と東京都、共催(予定)は、フジテレビジョン、産経新聞社、読売新聞グループ本社、日本テレビ放送網(以上中継は隔年だが、中継担当でない年も共催には参加)、東京新聞。「東京マラソン」の名称は、日本陸上競技連盟によって商標登録(第4952187号)されている

歴代優勝者
※優勝者の氏名・国籍・所属は当時のものである。

回 日付 氏名 国籍・所属 記録 備考
1 2007年2月18日 ダニエル・ジェンガ ケニア・ヤクルト 2:09:45

東京マラソンいよいよスタート

<東京マラソン>18日開催 大規模な交通規制実施というニュースがあった。
今日、行われるんだよね。

今日の東京の天気はhttp://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/13/4410/13108.htmlで夕方まで雨の予報。

そして東京マラソンを体験できる動画は


で楽しんでね。

今日のマラソンを楽しむには
東京マラソン テレビ放映
東京国際マラソンに引き続きフジテレビ系(奇数年)、日本テレビ系(偶数年)がテレビ放送する。 第1回は9:00~11:40にフジテレビ系列全国ネットで放送される。


東京マラソン ネット・モバイル配信
今回、フジテレビは東京マラソンの全完走ランナー(7時間以内)のゴールシーンを インターネット動画配信を駆使して”録画中継”。 PCは10分刻みで順次公開、モバイルは2分刻み。(公開までに多少の時間がかかる) 無料配信。(モバイルはパケット使用料が必要)

東京マラソン 特別協賛
東京メトロ

東京マラソン 協賛
スターツ/スターツグループ
アシックス
大塚製薬
セイコー
トヨタ
コナミスポーツ&ライフ
JTB
セブン-イレブン
東京ビッグサイト

2月17日21時11分配信 毎日新聞


 約3万人が参加する東京マラソンが18日、開催される。銀座や浅草など、首都の中心部や観光名所がコースに組み込まれ、最大で約7時間にわたる大規模な交通規制が行われる。約5000人の警察官を動員し、交通規制や雑踏警備にあたる警視庁は「極力、車の使用は控えて」と呼びかけている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070217-00000089-mai-soci

東京マラソン

東京マラソン有力選手会見
 東京マラソンに出場する国内・海外の有力招待選手が15日、東京都内で会見した。世界選手権(8月、大阪)の男子代表の座がかかる日本勢は、アテネ五輪5位の油谷繁(30)=中国電力=、ドーハ・アジア大会4位の入船敏(31)=カネボウ=、佐藤智之(26)=旭化成=、徳本一善(27)=日清食品=の4選手が熱い火花を散らした。

 都心を3万人が走る日本初の大規模市民マラソン。だが、国内エリートランナーに雰囲気を楽しむ余裕などない。2時間9分30秒を切って日本人トップになれば世界切符。その争奪戦だ。先制攻撃を仕掛けたのは日本勢のエース油谷だった。

 「世界陸上に出場するのが第一の目標。今回優勝して代表を内定させたい」。世界選手権でも2度5位に入った実力者は「北京五輪に向けたステップ。ここで初優勝して今後の自信につなげたい」と言い切った。

中日スポーツ

東京マラソン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東京マラソン(とうきょうマラソン)は、2007年に第1回大会が行われる予定の、アジア最大規模(参加者3万人)を目指すマラソン大会。正式名称は「東京マラソン2007 (英文名:Tokyo Marathon 2007)」である。


概要
これまでの東京でのマラソン大会は、東京国際マラソン(読売・産経が隔年ごとに主催)と東京シティロードレース(東京新聞主催)の2つがあったが、それらを一つにまとめて市民参加型のマラソンをしようと2007年2月18日に第1回大会が行われる。主催は日本陸上競技連盟と東京都、共催(予定)は、フジテレビジョン、産経新聞社、読売新聞グループ本社、日本テレビ放送網(以上中継は隔年だが、中継担当でない年も共催には参加)、東京新聞。「東京マラソン」の名称は、日本陸上競技連盟によって商標登録(第4952187号)されている。


東京マラソン コース
東京都新宿区の東京都庁舎をスタートし、飯田橋、皇居、日比谷を通り、品川、銀座、日本橋、浅草寺雷門前などで折り返し、築地、有明の東京ビッグサイトがゴール(42.195km)。


東京都庁第一本庁舎(START)




皇居




品川駅




銀座





日本橋(実際に通過するのは茅場橋)




雷門




築地市場




東京ビッグサイト(GOAL)






東京マラソン スタート
(以下全て日本時間表記)

9:05 - 車いす
9:10 - マラソン(42.195kmおよび10km)

東京マラソン 制限時間
42.195km - 7時間
10km - 1時間40分

東京マラソン 参加ランナー受付

受付場所の東京ドーム(文京区)。大会当日のスタート地点は東京都庁(新宿区)。多数の一般参加の応募を受け、抽選となった。その結果、当選し、申し込みを完了した参加予定者も、下記のとおり開催の前々日か前日の指定時間に受付を完了しなければならず、大会当日の受付は一切ない。

受付時間
2月16日(金) - 10:00~20:00(大会前々日)
2月17日(土) - 10:00~20:00(大会前日)
受付場所
東京ドーム(文京区)

東京マラソン テレビ放映
東京国際マラソンに引き続きフジテレビ系(奇数年)、日本テレビ系(偶数年)がテレビ放送する。 第1回は9:00~11:40にフジテレビ系列全国ネットで放送される。


東京マラソン ネット・モバイル配信
今回、フジテレビは東京マラソンの全完走ランナー(7時間以内)のゴールシーンを インターネット動画配信を駆使して”録画中継”。 PCは10分刻みで順次公開、モバイルは2分刻み。(公開までに多少の時間がかかる) 無料配信。(モバイルはパケット使用料が必要)


東京マラソン 歴代優勝者
※優勝者の氏名・国籍・所属は当時のものである。

回 日付 氏名 国籍・所属 記録 備考
1 2007年2月18日


東京マラソン 特別協賛
東京メトロ

東京マラソン 協賛
スターツ/スターツグループ
アシックス
大塚製薬
セイコー
トヨタ
コナミスポーツ&ライフ
JTB
セブン-イレブン
東京ビッグサイト

livedoor news

 |  トップページ  | 


このページについて

「東京マラソン」のカテゴリ「東京マラソン」内にある記事の一覧です。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

東京マラソン